ヘッドマッサージ専門店アタマファクトリー 新宿・新橋・銀座

新宿 新橋 銀座 ヘッドマッサージ アタマファクトリー 港区 新橋 ヘッドマッサージ アタマファクトリー

毎日の作業で目は疲れている( ; ; )こまめな対策で疲れ知らずに!

2019年8月24日

私たちは、8090%もの割合で情報を目から得ていると言われています。

スマートフォンやパソコン、タブレットの普及で目への負担がどんどん多くなっている現代、目に悪いからこれを辞めるという事も難しくなっていますよね( ;  ;

今回は目の疲れどうしたら取れるのか、疲れさせないためにはどのように過ごしたら良いのかをご紹介します!

疲れ目はなぜおこるの?

出典:flickr

・筋肉疲労、筋肉の衰え

私たちは色々なものを見るときに、カメラについているレンズのような働きをする「水晶体」というところを調節しながら目のピントを合わせています。この「水晶体」を調節しているのは「毛様体筋」という筋肉です。この「毛様体筋」は水晶体を引っ張ったり、緩めたりしているのですが、長時間パソコン、スマートフォンを使って作業をしているような、「近くのものをじっと見つめる」事が増えると、その間ずっと毛様体筋が緊張します。筋肉が緊張し続けると、筋肉疲労が起こり、結果目の疲れにつながってしまうのです。

歳をとって老眼になった場合は、筋肉が加齢によって弱まりピントを合わせる力も弱くなります。放置したまま無理をして近くを見ると、目の疲れを起こしやすくなります。

・ドライアイ

正常な目の表面は涙の量が多いので滑らかなのですが、ドライアイのように目が乾いていると涙が少ないので目の表面がデコボコします。そうなると、ピントは合っているはずなのに、目がぼやけて見えてしまうのです。しかし、私たちの脳みそはなんとかピントを合わせよう!と、無理に筋肉を動かして調節してしまうので、通常よりも調節機能を使いすぎてしまい、疲れ目になりやすくなります。

・酸素、栄養不足

長時間集中してパソコン、スマートフォンの作業をしていたり、睡眠不足だったりすると、目を構成している細胞に、必要な栄養素や酸素が回らなくなってしまいます。そうすると、目の細胞の代謝が落ちて、疲れ目が回復しづらいという悪循環に陥ってしまいます。

あなたは疲れている?目の疲れチェックリスト!

目の疲れがよく分からない!という方は次のチェックをしてみてください。多く当てはまる事があると目が疲れています( ;  ;

◻︎目の奥が痛む時がある

◻︎目の奥が熱い気がする

◻︎まぶたが痙攣する

◻︎目が乾く

◻︎涙がよく出るようになった

◻︎ものが見えにくくなった

◻︎頭痛がある

◻︎肩こりがひどくなった

◻︎吐き気がする事がある

◻︎パソコンやスマートフォンを見ると眠気を感じる

◻︎目に異物感がある

◻︎目が赤くなる

これらの症状は、目の疲れだけが原因ではない事もあります。セルフチェックは目安程度にとどめて、症状が続く事があったら早めに眼科で診察してもらってください( ;  ;

目が疲れにくいパソコンやスマートフォンの使い方

・適切な距離で見る

自分の顔と、パソコンやスマートフォンの画面までの距離の理想は5070センチと言われています。

手をまっすぐに伸ばした距離が目安になります。

1時間ごとに休憩をとる

正しい距離で見ていても、長時間見続けていたり同じ姿勢だと、目だけでなく全身に負担がかかります。そのため、1時間ごとに10分程度画面から離れてリラックスすると時間をとることが大切です。

画面の明るさを調節する

暗すぎたり、明るすぎたりする事も疲れ目の原因になるので、適切な明るさに調節します。部屋が明るすぎる場合はカーテンをしたり、ブルーライトカット効果のある画面フィルムを貼るのも効果的です。

意識的にまばたきをする

ひとつの作業に集中していると、どうしてもまばたきの回数が少なくなりがちです。まばたきをしないとどんどん涙が蒸発し、涙の膜がうまく作れなくなってしまいます。意識的にまばたきをしたり、ドライアイ用の目薬をつかうなどしましょう。

パソコンやスマートフォンは毎日使うもの。だからこそ、うまく付き合っていくことがポイントになります(^^)

疲れ目はリフレッシュが大切!

疲れ目は毎日のことだから「仕方ない……」だけどなんとかなるならなんとかしたいものです。

意識をして遠くを見る

目の周りの筋肉は、遠くをぼんやり眺めることで緊張がゆるみます。近くばかりを見ているなあと感じる時は意識的に遠くを見る時間を作ってください。

・蒸しタオル、ホットアイマスクをつかう

寝る前や、休憩時間などに濡らしたタオルをレンジで約40秒(600w)加熱した蒸しタオルで目を温めるのがオススメです。市販のアイマスクは携帯に便利なのでそちらもおススメ。目の周りには副交感神経に切り替わるスイッチがあるので、温めることで自然とリラックスできます。

・目の周りをマッサージする

【目の疲れや疲労がある時】眉頭の内側で、目の上の少しへこんだ部分

【目がかすむ時】こめかみのくぼみ

【目の奥が痛む時】目頭のくぼみ

この3点を指の腹で、優しく左右同時に押してください。やや痛いなーくらいの力でゆっくり優しくがポイントです。

目が疲れてしまうと、仕事や生活のパフォーマンスが落ちてしまいます。少し意識をするだけで目の疲れは改善されるので、クセづけていけるようにしてみてください(^^)



ヘッドマッサージ専門店 アタマファクトリー

新宿店
◆ご予約電話番号:03-6886-2890
◆住所:東京都新宿区西新宿1-5-12 ニューセントラルビル7階(新宿駅西口徒歩1分)

新橋銀座店
◆ご予約電話番号:03-6206-6256
◆住所:東京都港区新橋1-16-8 第3西欧ビル6階(新橋駅日比谷口徒歩1分)

◆営業時間:平日/12:00~22:30(最終受付21:30)
:土日/12:00~21:00(最終受付20:00)
◆Facebookページ:https://www.facebook.com/ATAMA.FACTORY
◆アメブロ:http://ameblo.jp/atama-factory/

新橋 有楽町 銀座 ヘッドマッサージ ヘッドスパ

▲TOPへ戻る