ヘッドマッサージ専門店アタマファクトリー 新宿・新橋・銀座

新宿 新橋 銀座 ヘッドマッサージ アタマファクトリー 港区 新橋 ヘッドマッサージ アタマファクトリー

あなたの疲れには種類がある!タイプ別疲労回復法

2020年3月14日

最近、よく寝ているのに疲れが抜けないなあ、と感じている方はいませんか?最近は「ストレス社会」と言われてしまうほど、ストレスを抱える方が多くなっています( ;  ; )働き方改革が進んではいるものの、働きすぎて過労死してしまったり、うつ病が問題視されることも多くなってきました。世間でも、「どうやって疲れを取るか」に高い注目が集まっています。

疲れが取れないから病院に行って診察してもらったのに、検査で異常が見つからない。原因が分からなくて精神科や心療内科を受診しても、やっぱり解消しない。そもそも「疲れ」ってなんなの!?そんな疑問を解決するべく、今回は疲れのメカニズムと種類、回復法についてご紹介します。

そもそも疲れってなんだろう?

 

「疲れ」は「疲労」とも呼ばれています。疲労は、「身体や精神的な負荷を連続して与えられたときに見られる一時的な、身体的および精神的パフォーマンスの低下現象」と定義されています。パフォーマンスの低下すると、

・思考力が低下し、注意力散漫になる

・刺激に対する反応が遅くなる

・自律神経に異常が起こる

・動作が緩慢で、行動量が低下する

このような変化(低下)が「疲労」で現れる現象です。

「疲労」は「発熱」や「痛み」とともに「3大生体アラーム」と呼ばれ、身体の恒常性(ホメオスタシス)の乱れを知らせてくれる、重要な警報信号のひとつと言われています。しかし疲労は、「痛み」のように大きな恐れを感じにくいことや、「発熱」のように客観的に評価出来るような物差しがなかったことから、痛みや発熱ほど危機感を持つ人が多いとは言えませんでした。ところが、私たちの身体が自分の身体の能力の限界を超えて活動してしまいそうになると、危険を事前に察知して運動を制限させるために、疲労感や倦怠感といった不快な症状を表します。「ちゃんと休んでね!」というとても大切な生体アラームが「疲労」だということが分かってきました。睡眠不足やストレス、働きすぎで心と身体に負担がかかった結果として起こる疲れですが、好きな仕事をしていたり、とても収入が高くなったりしている場合など、頑張って働いていてもあまり疲れを感じない!ということはありませんか?意欲や報酬、達成感や集中などにより、疲労感がカバーされるために疲労を感じずに活動を継続してしまい、その結果自分でも気づかないうちに疲れがどんどん溜まり、最悪の場合は「過労死」につながるケースもあるなど、必ずしも疲労感がともなうとは言えない場合もあります。このようなことを踏まえると、「疲労」は本人が自覚するかどうかだけでないことも良く分かります。

疲労には種類がある!あなたの疲労はどれ?

ひとくちに疲労と言っても種類が様々な種類があり、自分の疲れの種類を把握して対応しないと「いつまでも疲れが抜けない( ;  ; )」ということになってしまいます。ここで少し疲労の種類をご紹介します!

①抹消疲労

中枢(脳ではない)末梢の部分である身体を動かした後の疲れのことを指します。長時間の立ち仕事や、運動をすると身体がダルさを感じてしまいます。筋肉疲労などがこれに当てはまります。

②眼精疲労

眼精疲労も目の筋肉を動かしてるから末梢疲労じゃないの!?と思われることが多いのですが、目の疲れは自律神経の疲れが原因だと言われています。パソコンやスマートフォンを見ている時、脳は緊張や興奮状態になっていて、交感神経が活発になっています。逆に副交感神経が優位だと動物は遠くを見る習性があるので、長時間近くを見続けていると自律神経が乱れてしまうのです。

③中枢性疲労

脳が長時間緊張していると、倦怠感を感じてしまいます。疲れですがぼんやりしてしまうのも、この中枢性疲労が原因です。ストレスや睡眠不足、栄養不足による「生理的疲労」と、病気が原因となる「病的疲労」があります。

④精神疲労

心が疲れてしまうといつものように機能しなくなり、何事にも無気力になってしまう症状が出てくるのが精神疲労です( ;  ; )原因は過度なストレスであることが多いです。

疲労タイプ別回復法

 

末梢性疲労

末梢性疲労は身体の疲れを取ることで解決されます。湯船に浸かってリラックスするなど、のんびり身体を休ませるといいでしょう。軽くストレッチをしてみたり、テレビを見てゆっくり過ごすなども効果的です。そして休息の基本は睡眠です。睡眠は、身体の疲労だけでなく、脳の疲労回復にも極めて大切なので、とても重要な回復法です(^^)

中枢性疲労、眼精疲労

一方で中枢性疲労は「痛い」や「寒い」などの〝感覚〟に近いものと言えます。疲労の度合いは身体や頭を酷使する量とは比例しないので、心理的な疲れと言えます。この場合効果があるのは、「瞑想」です。不安感やストレスを感じた時に少し呼吸に意識して瞑想を3分でもすると、ストレスの軽減や感情のコントロールに役立つといわれています。他には、自然に触れるだけでも効果があります。緑のある空間、海や川のある所にいくなども、ストレスや疲労の回復に効果があるといわれています。緑や遠くを見ることで、眼精疲労にも◎

精神疲労

精神疲労には、先ほどの瞑想、自然に触れるのも効果がありますが、加えて適度な運動も良いとされています。身体を動かすことで、ドーパミンやセロトニンが分泌され、頭がスッキリしたり、身体に溜まった疲労物質を取り除いてくれます。

日常生活を送っていると、ストレスや疲労は切っても切り離せないものです。自分の疲労がどのタイプなのかを把握することで、早め早めに対応することができるので、ぜひ自分自信に目を向ける時間を毎日少しずつとりいれて見てください。



ヘッドマッサージ専門店 アタマファクトリー

新宿店
◆ご予約電話番号:03-6886-2890
◆住所:東京都新宿区西新宿1-5-12 ニューセントラルビル7階(新宿駅西口徒歩1分)

新橋銀座店
◆ご予約電話番号:03-6206-6256
◆住所:東京都港区新橋1-16-8 第3西欧ビル6階(新橋駅日比谷口徒歩1分)

◆営業時間:平日/12:00~22:30(最終受付21:30)
:土日/12:00~21:00(最終受付20:00)
◆Facebookページ:https://www.facebook.com/ATAMA.FACTORY
◆アメブロ:http://ameblo.jp/atama-factory/

新橋 有楽町 銀座 ヘッドマッサージ ヘッドスパ

▲TOPへ戻る