ヘッドマッサージ専門店アタマファクトリー 新橋・銀座・有楽町

新宿 新橋 銀座 ヘッドマッサージ アタマファクトリー 港区 新橋 ヘッドマッサージ アタマファクトリー

ニオイや抜け毛の敵!夏の三大ダメージから頭皮と髪を守る“秀逸ケア”♪

2018年7月14日

プールや海、バーベキューや花火大会など、楽しいイベントの多い夏がやってきます!!

楽しいこといっぱいの夏ですが、実は頭皮と髪にとっていちばん過酷な季節。日々のケアを怠ると、気がついたら抜け毛が増えてしまった!髪がパサついている!なんだか嫌なニオイが( ; ; )・・というようなダメージに直結してしまいます。今回はそんな夏のダメージに負けないヘアケアについてご紹介します!

夏の三大ダメージとは?

夏になると、特に深刻になる三大ダメージがこちら!

・汗
・皮脂
・紫外線

暑い季節の頭皮や髪にとって、汗や皮脂、紫外線の影響を受けるのはどうしても避けられません。では、この三大ダメージをそのままにしておくと、一体どんなことが起きるのでしょうか?

① 汗によるダメージ

・いやな匂いの原因になる
・あせもや湿疹ができる

頭皮には髪の毛が生えているので、毛穴がたくさん集中しています。

毛穴付近には汗の出る元となる「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」というものがあり、この2つの汗腺は皮下組織(皮膚の1番下にあるところ)に存在しています。私達は普段目にすることはありません。

「汗腺」とは、主に体温調節を行う機能なのですが、夏になり体温が高くなるとどんどん汗を排出して身体の温度を一定に保ってくれます。

すると夏は汗をかく事が多くなるので頭が湿っぽいままに。汗をかいてもすぐに乾いてしまえば問題はないのですが、湿っぽいままだと雑菌が繁殖し「ノネナール」という嫌な臭いの元となる物質が発生します。これがニオイの原因になるのです( ; ; )

それだけではなく、頭皮にも「あせも」ができるのをご存知ですか?
髪の毛に覆われていて見つけにくいのですが、頭皮もほかの部分と同じで皮膚なので、あせもが出来ます。これによってかゆみや炎症まででてしまうのです。

〈困ったときのワンポイントアドバイス♪〉

・こまめに汗を拭く
・自宅に帰ったら出来るだけ早く頭を洗う
・抗菌作用のあるシャンプーを使う

湿った状態を放置せず、ハンカチやタオルでこまめにふいてあげると、頭皮が早く乾きます。そして、家に帰ったらすぐシャワーを浴びるなど、早めに頭皮を清潔に。
シャンプーをする際はぬるま湯でしっかりと3分ほど予備洗いしてから、泡をたくさんたてて優しく洗いましょう。

② 皮脂によるダメージ

・皮脂が増えてベタつく
・毛穴が詰まりやすくなり髪のハリやコシがなくなる

髪のベタつきを感じやすくなる夏ですが、これは他の季節と比べて皮脂量が2倍になっているからです。グラムでいうと5〜8グラム(小さじ1杯分以上!)の皮脂が分泌されています。
通常より2倍も出るのなら、ベタつきが気になるのは当たり前ですよね( ; ; )

また「皮脂」と「汗」が混ざると「汚れ」になり、暑さで広がった毛穴に溜まって「毛穴詰まり」を起こします。その状態を放っておくと「酸化」が進み、頭皮の新陳代謝がスムーズに行われなくなるので要注意!
髪の毛は、細くコシがなくなってしまうので気を付けましょう。

〈困ったときのワンポイントアドバイス♪〉

・生活習慣を改善する
・アミノ酸系のシャンプーをつかう
・適度な運動を心がける

生活習慣が悪くなると、頭皮環境も悪化します。偏った食事や質の悪い睡眠は身体機能の正常な働きを鈍らせるため、皮脂の分泌も不調を起こすことに。ストレス発散のためにも適度な運動を取り入れるようにましょう。

油っぽさが気になって洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシこすり洗いも、逆効果です。そこで、おすすめしたいのがアミノ酸系のシャンプー。身体の成分を構成しているアミノ酸を使っているので、刺激が圧倒的に少なくなり頭皮にも優しいのが魅力です。

シャンプー前にはブラッシングも忘れずに♪

③ 紫外線によるダメージ

・キューティクルが剥がれやすくなる
・パサつき、切れ毛や枝毛が増える
・髪の色が褪せる

体の中で太陽にいちばん近い位置にある頭皮と髪の毛が受ける紫外線の量は、顔に受ける紫外線の量と比べて3〜5倍以上の量になります。
そんなに紫外線量が多いにも関わらず、実際に対策をされている方は意外と少ないんだそうです。

例えば顔に日焼け止めを塗らなかったり、お化粧しない状態で紫外線をあびたりすると、A波とB波という2つの紫外線が届きます。A波は、真皮(お肌の真ん中の部分。表皮と皮下組織の間)まで届き、シミやシワ、たるみの原因に。B波は表皮に強く反応し、炎症や赤み、様々な肌トラブルの原因になります。

では、髪の毛にこの紫外線があたるとどうなるのでしょうか?

まず、紫外線の影響でキューティクルがめくれ、剥がれやすくなります。そして剥がれたところから髪の毛の中のタンパク質や保湿成分がどんどん流れ出して、髪の水分がなくなってしまいます。

こうなると髪は乾燥してパサつき、ツヤがなくなってしまう原因となります。

また、髪の内部のシスティン結合(タンパク質やアミノ酸が結びつき髪の毛の強さを保つ働き)も切断されて、切れ毛や枝毛が増えてしまうのです。
紫外線は髪の毛のメラニンも分解してしまうため、黒い色が保てなくなり色褪せて赤茶色っぽくなってしまいます。

〈困ったときのワンポイントアドバイス♪〉

・帽子をかぶる、日傘をさすなどして紫外線をガード
・UVカット機能のあるスプレーや、トリートメントをつかう
・紫外線の多い時間帯(午前10時〜午後2時までの4時間)の外出を避ける

それでも日焼けをしてしまった場合は、

・低刺激のシャンプーやコンディショナーをつかう
・カラーリングなどは避ける
・トリートメントでヘアパックをする

など、紫外線を浴びた髪の毛を放置せず、早めにヘアケアをして栄養補給をするようにしましょう。

夏の紫外線に負けずに、美髪をキープ!

夏に受けたダメージをそのままにしておくと、乾燥が多くなる秋に深刻な状態になってしまいます。汗、皮脂、紫外線とうまく付き合い、頭皮や髪を健康に保ちましょう!



ヘッドマッサージ専門店 アタマファクトリー

新宿店
◆ご予約電話番号:03-6886-2890
◆住所:東京都新宿区西新宿1-5-12 ニューセントラルビル7階(新宿駅西口徒歩1分)

新橋銀座店
◆ご予約電話番号:03-6206-6256
◆住所:東京都港区新橋1-16-8 第3西欧ビル6階(新橋駅日比谷口徒歩1分)

◆営業時間:平日/12:00~22:30(最終受付21:30)
:土日/12:00~21:00(最終受付20:00)
◆Facebookページ:https://www.facebook.com/ATAMA.FACTORY
◆アメブロ:http://ameblo.jp/atama-factory/

新橋 有楽町 銀座 ヘッドマッサージ ヘッドスパ

▲TOPへ戻る